初心者にお薦めなのが古着の着物です
着物に華やかさをプラスできる髪型はポンパドールです!
こうすれば雨の日でも大丈夫!着物のコーディネート!
着物の種類による最適な場の違いを覚えましょう
実は様々なサイズが準備されている着物の存在を知ってください
着物をリメイクする際の作り方のポイントとは
着物の仕立ての際に必要な型紙作成、それに必要なデータ
着物雑誌ならどれをチェックするのがいいのか
仕事で着物を着るのが義務化されているお店があります
着付けをおぼえて着物男子を目指しちゃう?
着物の仕立ての際に必要な型紙作成、それに必要なデータ

着物の仕立ての際に必要になる型紙を作る為に、自分の体の部分を採寸して仕立て屋に伝えます。 必要になるデータは身長はもちろんですが、体重も申告したほうが、より体形に合った型紙を制作てをしてもらえます。他にも、肩幅が広いとか、がっしりしているなども知らせる方がいいです。腰回りも、ウエストの位置ではなく、一番広い部分を採寸します。 裄と呼ばれる腕の長さの採寸方法は、手を45度の形に伸ばして、首の後ろの付け根から手のくるぶしの長さまでを図ります。洋服ではくるぶしが隠れるくらいの袖の長さが普通なのですが、着物の場合はくるぶしが見えるくらいの長さとなります。 型紙をしっかりとって仕立てる事で、生地に余分な部分や窮屈な部分ができないので、動きやすくて着ていても疲れません。着くずれもなく長時間着れます。 着物は体形にフィットするサイズを切るのが一番かっこよく見えるので、手間をおしまずきっちり採寸すれば、素敵な着物姿になります。